猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
やっぱり 『ダ・ヴィンチ・コード』 観ちゃった
コレだけ話題になっているのだから、やっぱり観ちゃうよね(^^)

地元の映画館のレイトショー、普段はガラガラなのに
さすがに混んでいた。ほぼ満席。。それだけでも、すごいよ(笑)

感想としては・・・
あたし的には、とてもおもしろかったです。
面白いじゃなくて興味深いという意味でね。

ルーブル美術館での撮影というのも、楽しみだったし、
まあ、展示絵画は、さら~っとしか映ってないけどね。

評判の良くないトム・ハンクスの髪型も別に気にならなかったけど
ジャン・レノの刑事がなんか気になった。どうしてもレオンのイメージが・・・
ってか、レオン以外の役って、いつも変な役な気がするんですけど、、、

オドレイ・トトゥは、アメリの時とは、印象が違ったので、よかった。
ロード・オブ・ザ・リングの白い魔術師=イアン・マッケランも肝だよ。

映画公開初日にTVのスペシャル番組を観ていたので理解しやすかったのかもしれない。
全く知らなかった^^;マグダラのマリアシオン修道会モナリザの微笑みの謎
さらに最後の晩餐に隠された暗号とか特集していたからね。
このへんがわかってないと、チンプンカンプンかもしれないです。

原作を読んでる人たちは、ちょっと物足りないという感想みたいですけどね。

あたしは、これから、お借りした原作を読むつもり・・・
読み終わったら、感想がかわるかもね(^^)

ストーリー: ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。  (FLiX)

322729view001.jpg

⇒公式サイト(*みるのに時間かかるよ)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

わたしも観ました!!
改めて、本を読みたいかなって思いました^^*
字幕を読んでたら、理解が追いつかなかったり
せっかくの映像に集中できなかったり・・
結局、ジャン・レノさんは何?
くろもも | URL | 2006/06/05/Mon 19:20 [編集]
>>くろももさん
昨日から原作読み始めました(^_^) 
まだ数ページですが、映画は、かなり原作に忠実に出来てます!

ジャン・レノの役は、フランス司法警察のファーシュ警部で
「オプス・デイ」のマヌエル・アリンガローサ司教と何か関係があったんじゃないかと思いますよ。コレは、映画からのよみとりですが・・・
真相は、読んだら、また、おしらせしますね^^;
ぎん | URL | 2006/06/06/Tue 11:40 [編集]
私は、原作を先に読んじゃったクチです。
伏線の張り方があざといくらいに上手いだもん。蘊蓄も、これでもかってくらいに満載で。
久々に、こりゃーおもしれーやって小説に出会えて大満足でしたわん♪

あー、でも、出不精な私は、また例によって、映画館に行かずにDVD鑑賞になりそう。しかも、最近は店にも行かず、ネット買いだし……。
ちゃづ | URL | 2006/06/08/Thu 20:42 [編集]
>>ちゃづちゃん
原作面白いね!
まだまだ、最初の方だけど映像がどんどん再現されてくるよ。
これは、DVDで観るの正解かもね(^^)v

そうそう
イロンナモノをNETで買うようになっちゃうの、わかるわ。。
にゃんこのご飯とかも、ねwww
ぎん | URL | 2006/06/09/Fri 01:02 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。