猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
連理の枝
renri-no-eda.jpg

涙の女王チェ・ジウ主演『連理の枝』観た。

もっと重い内容なのかと思っていたのだけど、そーでもなかった。
前半は、コメディタッチのラブストーリー。
後半、ちょっぴり泣かせるけど、あたしは泣けなかったわ。
流れるラブソングが効果的で、なかなかいい歌だと思った。

死が間近に迫っていると知った時
やっぱり愛する人達の事が心配だよね。
親より先に逝くことは、本当に心残りだものね。

愛する人がいたら、その人を残して、逝きたくないよね。

連理の枝のタイトルの意味は、かなり後になって分かる。
ありゃ~そんな~ってなカラクリもあるし・・・
純粋にみれば、後半わりといいかもネ??

チェ・ジウorチョ・ハンソンファンの方は、観れば?


⇒『連理の枝』公式サイト

主題歌「僕より少し高い所に君がいるだけ~連理の枝~」 シン・スンフン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。