猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
単騎、千里を走る。
チャン・イーモウ監督作品と言えば、
「HERO」「LOVERS」は、最近の話題作なので知っている人も多いと思う。
この「単騎、千里を走る。」は、彼の代表作でもある「初恋のきた道」の路線。
静かな中国映画は、むかしから好きだったので、期待していた。

tankisenri.jpg

ストーリー: 長年の間絶縁状態だった息子が病に倒れ、
余命わずかだと知った父親の高田(高倉健)は、
息子のやり残した仕事を代わりに完成させようと、単身中国に旅立つ。
(Yohoo!ムービーより)


生きているといろいろ許せない事があると思う。
許せない事に対して、人は、攻撃または抵抗する。あるいは黙殺する。

「許す」という事は、たぶん、とても簡単なことなのに
人間は、なかなかそれができないものなのだ。

すべてを許せることができたとき、幸福が訪れる

そんなことをこの映画を観てから、つらつらと考えた。

健さんの涙に思わずもらい泣きでした(:_;)

⇒「単騎、千里を走る。」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お願いと報告に来ました
記事とは関係ないことですが…


里親募集掲載していただいていた件です。
4匹のうち一匹は、無事里親がみつかり
現在、飼い主さんと共に幸せに暮らしています。
後3匹は、かなり大きくなってしまった事もあり
飼い主さんが飼われる事となりました。
長い間、里親募集の掲載をしていただき
本当にありがとうございました。
飼い主さんに代わり、感謝いたします。
心よりありがとうございました。
Nonsakura | URL | 2006/02/04/Sat 17:26 [編集]
>>Nonsakuraさま
よかったです!
4ニャンのお家が決まって。
末永く、幸せに暮らしていけるといいですね~(^^)
ぎん | URL | 2006/02/06/Mon 10:23 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。