猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ため息とスカートの謎。
昨日(6/24)は、
『トイレット』の完成披露試写会@スペースFS汐留

猫ともたいまさこさんが大好きなので
この試写会に当たったのは、本当にうれしかった。

荻上監督の『かもめ食堂』、『めがね』は、大好きな映画だし
・・・『プール』もそうだと思っていたら、中森美香監督作品だった
・・・ちなみに『南極料理人』は、沖田修一監督
共通してるのは、飯島奈美さんがフードスタイリストだってことだった。

ってことは、あたしは、飯島さんがつくる料理が出る映画が好きなのか?あれ?

話がそれた(汗

えっと、スペースFS汐留は、はじめての会場。
試写会フリークの知人が、「一番好きな試写会場かも!」って言ってたので
さらに期待が膨らむ。
思っていたよりこじんまりだったけど
イスもふかふかでゆったりと鑑賞できて、すごくいい会場だった。

先に並んで待ってくれていた友人Sちゃんのおかげでいい席も確保できたし(ありがとう!

上映前には、舞台挨拶。

大好きなもたいまさこさん~水玉のワンピースが可愛い。
荻上監督は、かなり緊張の様子。
撮影中は、男前らしい。
3作とも出ているもたいさんは、「どんどん男前になってきた」と。
見た監事は、まったく監督っぽくインタビュアーのオネエサンとかわらない風情だったけど(失礼

長男モーリー役のレンドルくんは、ひょろーーーっと細長くて
変な人オーラ満載。

キャスティングが難航して、もういないと言われたのに
俳優じゃなくてもいいからヘンな子とさんざん探して
最後にやっと現れて大抜擢らしい。

絵も描いてるので、モーリーにとってのピアノは、
自分にとっては絵の具だというところで共感できたそうだ・・・
来日してうなぎ丼を食べて満足だったらしい。

前編カナダでの撮影で、日本と違うところは
キッチンカーがきて、小腹が減るとエスプレッソマシンでコーヒーをつくってくれたり
ホットケーキを焼いてくれたりと
食事情がかなり充実してたようで、もたいさんは、かなり満足そうだった(笑)

あーーー
んで、映画は

とってもほんわかでした。

日本のトイレって、やっぱりすごいよねと思う。


勝気でわがままな妹がオタクのお兄ちゃんを
あこがれの男の子にバカにされたとき
お兄ちゃんを守るシーンにぐっときちゃったな。
当のお兄ちゃんは、まったくわかってなかったけど・・・

トイレット
     ↑
この猫(センセー)の手の揚げ具合がなんとも~(萌



8月28日より、新宿ピカデリー、銀座テアトルシネマ、シネクイントほか全国公開

映画『トイレット』オフィシャルサイト
http://www.toilet-movie.com
© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。