猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
2週間延長も今週で本当に終わり?と思ったら
なんか、観なくちゃモードになっちゃって・・・

昨日は、レディースデーってこともあり、お目当てのシネコンのNET予約は、終了してた。
お昼過ぎにNET予約できたMOVIX亀有も夕方には、販売終了になってたし・・・

ってことで、いまさらだけど

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

友人が大絶賛してたり
紹介番組でチョコチョコ観てたりしたけど
やっぱり映画館のスクリーンで観て正解だったなぁ~

音響がちょっと物足りなかったけれど、、、




111分があっという間で
字幕なしで英語が理解できたら、もっと感動しただろうなと思う。

はじまりのオーディション合格者のコメントのところから
ちょい鼻の奥がツーンとしたよ。

どんだけ、みんなマイケルと同じステージに立つために努力してきたんだろう。

憧れの大スター・・・というより神的存在?との仕事は、どんなにエキサイティングなことだろうか。

全編にマイケルの愛と
マイケルへの愛が込められている。

最後には、マイケルからのメッセージも


特にマイケルファンでは無いあたしが観ても
やっぱりマイケルってすごいな(←バカな子みたいな感想だけど・・・)って思う。


やたらでっかく見える手も・・・なんかミッキーマウスみたいだなってずっと気になっちゃって^_^;・・・
動き出すと素晴らしくしなやかで美しいんだな。

随所に折り込まれるミュージック・クリップがめちゃくちゃカッコよかったり。

ステージングもハンパない。


ファンやスタッフ、関係者ももちろんだけれど
やっぱりマイケル自身がこのコンサートを実現できなかったことが
一番の心残りだろうと思う。

でも、
もう想い苦しむこともなくからだの痛みからも解放されて
静かに見守っていることだろうね。

この映画を観たひとりひとりが
マイケルのメッセージを受け取ってなにかしら地球のためにできることを
実践することが何よりの供養になるだろう。

誰かが・・・じゃなく、あたしが。という思いで。












© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。