猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「実行」か「見送り」か・・・
ものすごく久しぶりに映画館で映画鑑賞。。

もうとっくに上映終了だとあきらめていたら、
かろうじて六本木と渋谷で上映してた・・・
でも、六本木は、一日1回
渋谷は、朝一と20:30からのレイトショー
朝一と昼間は無理だし
渋谷でレイトショー観て家に帰ると12時近いんだよな・・・

なんて考えつつ、昨日は、水曜(レディースデー)だからがんばっちゃった(*´∀`*)



Sweet Rain 死神の精度

原作は、伊坂幸太郎氏
これから読むつもり




何も前情報がないまま観たのがよかったのか、すごく面白かった

題名からして
ブラピ主演の『ジョー・ブラックによろしく』のパクリみたいなもんかと
あまり期待はしてなかったんだどね


単純に金城くんが主演だから、観たかっただけだし(^^ゞ


久しぶりにスクリーンに映る金城くんは、すこし顔がぽっちゃりして穏やかな感じ?
死神役なのに・・・笑

TOYOTAのCMで久しぶりに見たときに思っていたんだけどね・・・太った?って・・・


金城くん演じる死神・千葉は、人間界の言葉とか完璧に理解してなくて
かなり天然なボケをかますおもろい兄ちゃんになっちゃってて
ひとりでニヤニヤ・クスクスしちゃってました

たぶん、誰かと行ってたら
映画館じゃなかったら
大声で笑っていただろうな




君は死ぬことについてどう思う?

浮世離れした好青年にそう聞かれたら、どう答えようかな?





死は、特別なことじゃない
全ての人間に訪れることだから

でも、死ぬと言うことは、その人の人生においてとても大事なこと

空の青は、いつもの風景かもしれないけど
その青さに感動するのは、大事なことなんだよね

いま、生かされてるのは、普通のことのように思えるけれど
ほんとはすごいことなんだよね、きっと



あらすじ: 死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断すること。雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ……。(シネマトゥデイ)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。