猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
BABEL観た。
かつて、言葉はひとつだった。
天に届く塔を建てようとした人間たち。
神の怒りにふれ、言葉をばらばらにされた  
・・・ 『旧約聖書』より

この塔が「バベルの塔」だ。

以後、
空想的で実現不可能な計画はバベルの塔といわれる。


久しぶりの映画館で鑑賞。
話題の映画「BABEL」

単純にブラピが出てるから観たかっただけなんだけどねぇ~(^^ゞ

ほんのちょっとした事が、ものすごい不幸を招く。
哀しみのスパイラルに巻き込まれてしまう。

ちょっとした嘘とかね・・・

恐怖の中では、思いやりや優しさも忘れてしまうこともある。



ブラピの出番が少なかったというか
菊地凛子がやたら印象に残る。
これは、単純に日本人が出てくるからなのかも?

権力者の弱者に対する暴力
音のない世界・・・
言葉が通じない場所で死が迫ってきたら・・・

憤り
驚異
恐怖

不法就労の乳母が子供たちとの絆を語るシーンは、ちょっと泣けちゃった。。





ちょっとごちゃまぜすぎな気もしたけど
あたしは、いい映画だと思ったな。。




モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け、妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされない日々にいら立ちを感じながら、孤独な日々を過ごしていた……。 (シネマトゥデイ)

BABEL公式サイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。