猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
扉をたたく人
6/18 新宿明治安田生命ホールで試写会

扉をたたく人

公式HPのあらすじは、親切すぎちゃうつーか・・・

あたしは、基本的に予備知識なしで映画を観る方が多いなぁ~
映画館で観る予告やTVCMとかは、観ちゃうけど・・・

どっちがいいかは、わからんけど

この映画は、あらすじとか読まないで観たほうがオススメかも。


タレク役のハーズ・スレイマンって、知らんかったけどかっこよかったなぁ~



あらすじ: 妻に先立たれて以来、心を閉ざして生きてきた大学教授のウォルター(リチャード・ジェンキンス)。出張でニューヨークを訪れた彼は、マンハッタンの別宅で見知らぬ若いカップルに遭遇。彼らはシリアから移住してきたジャンベ奏者のタレク(ハーズ・スレイマン)と彼の恋人でセネガル出身のゼイナブ(ダナイ・グリラ)だと名乗るが……。(シネマトゥデイ)













スポンサーサイト
page top
読んでみないとね~
公開したらすぐ観ようと思っていたのが
今頃になってしまった・・・^_^;

天使と悪魔


これも原作を読まずに鑑賞。。

今回は、イルミナティつーのをよく知らないと
理解できない部分があるのかな?と思っていたけれど
予備知識がなくても充分楽しめた。

前作より、かなり残虐な殺戮シーンがあって
ちょっとギョッとしたけど・・・

なつかしいイタリアの街並みやら
(一度しか行ったことがないけど・・・^_^;)
絶対入れない場所の映像も興味深いものだったし。。

原作とは、異なる設定や登場人物など
読んでから観た人は、やっぱり物足りないのかなぁ~?
これって、
本だと微妙な心理描写とかつかみやすいけど
映像って、いろいろ省略されるからね~
時間にも制約があるし・・・

まあ、そーゆー諸事情とか
あんまし考えないで観られるようになると
もっと映画も楽しく観られるようになるんじゃないかなぁ~とも思ったりで。

ちょっと前に
糸井重里氏がほぼ日の『今日のダーリン』
書いてたんだけど

最近は、みんなが評論家みたいな感じで
観ている感じがする
映画にしても
スポーツにしても
お笑いにしても

みたいなことを書いてて

そうそう!って思ったのよ~

もっと純粋に
感動したりできたほうが
いろいろいいのにね~って。。


【天使と悪魔】あらすじ: 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、バチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが……。(シネマトゥデイ)





page top
ししとうとハラペーニョ
久しぶりにサザンテラスへ・・・

例のドーナツ屋は、並んでいる人が数人だったので、一瞬、ドーナツでもいいかと思ったけれど
さすがにそれは、無理^_^;

PESCE D'ORO
ペッシェドーロ新宿店でランチ。

ここ、ちょっと高級そうな店構えなんで、あんまりコキタナイ格好のときは、入りずらい^_^;
でも、ランチは980円~なので、リーズナブル。
しかもセットのサラダもボリュームたっぷり。グリーンサラダですけどね。


今日は、チョイスしたのは

牛ひき肉とししとうの辛口ボロネーゼソース
SBSH02831.jpg

このグリーンのものは、ひょっとしてハラペーニョ???って思ったのは
予想より辛口だったから・・・辛いもの好きなんで、美味しかったんだけど・・・
ししとうも中には、辛いのがあるよね~


**********


ハラペーニョを知ったのは
はじめてバリ島に行ったときだったなぁ~

夜、ヌサドゥアのホテルについて
なぜか、みんなでグリーンカレーをオーダーして食べたのでした。。

で、
友人が、ししとうだと思ってガッツリ食べちゃったのが
ハラペーニョだったんだよね~
辛いもの好きな友人もさすがにビックリな辛さで・・・

あたしともうひとりは、その様子を見て
ちょびっと齧ってみたりして
やっぱ、コレは、ただのししとうではナイっ!!と
(ししとうじゃなくて、ハラペーニョだし・・・^_^;)

あとになって
確か、青唐辛子つーのがあるよ~
赤より青のが辛いんだよ~
なんて、誰かが思い出して・・・


あはは。。


そんな事思い出しながらのランチでした~(^^ゞ




page top
人は、二度死ぬ?
入院中の母の見舞いの帰りにシネコンで

ガマの油

めずらしく前売り券なんか買っちゃったのに、まったく予備知識なしで観た。

だから、小林聡美が出てることも知らず(^^ゞ
好きな女優さんなので、ちょっとラッキー。


役所さんは、少し前にTVで『象の背中』観たっけ・・・
その前は『パコと魔法の絵本』の印象は、結構キョーれつぅだったなぁ~

今回は、その中間って感じ?


初監督作品で、絵コンテもすごーく細かく描いたらしいケド
全く絵心がなくてビックリヾ(@°▽°@)ノあはは

あたしのほうがちょっとマシかも~~


あーお話は
ちょっと不思議。。

パンフ買ってないので、カンジンなところがわかってないらしい


澤屋敷純一って人は、K-1の人だそうで
ぜんぜん知らんかったけど

なかなか朴訥としたいい味を出してたなぁ~


母に抱かれる・・・つーか包まれるってのは、ほんとに安心するもんだよな~
大人になっても
瞬間、子供になるんだろうね~


●ガマの油◎監督:役所広司
一晩で巨額の金を動かすデイトレーダーの矢沢拓郎(役所広司)。ある日、一人息子の拓也(瑛太)が、少年院から出所する幼なじみの秋葉(澤屋敷純一)を出迎えに行く途中、交通事故に遭い、意識不明の重体に陥る。事故に動揺する拓郎と妻の輝美(小林聡美)。だが同時に行くあてのない秋葉をしばらく引き取ることになった。そして翌日、事故のことを知らない息子の恋人・光(二階堂ふみ)からの電話に出た拓郎は、本当のことを言えないまま、思わず拓也のふりをしてしまう…。役所広司初監督作品。
cinemacafe.net



© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。