猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
picassoの生まれ変わりか・・・
「cinemacafe.net」主催 シネマLIVE!
『重力ピエロ』ブロガー試写会@ユナイテッドシネマとしまえん


2度目の観賞。
監督が小物にこだわって使ったモノがあるって言ってたのを確かめたくて・・・
(ってことで、ネタバレありです)


********


はじまりの桜が舞い散るシーンは、やっぱり美しい。

泉水役の加瀬くんの声も独特でいい。

あたしが原作を読んだときのイメージとは、かなり違った泉水だけど
お父さん役が小日向さんなんで、本当に親子みたいに似てるし。

春役の岡田将生クンは、すごくきれいな男の子だと思っていたけれど
三人で並ぶと『最強の家族』に見えた。


葛城がまわすビデオが最後に映し出す文字が
監督の仕掛けだったんだね。
あれは、知らなかったら見逃すかも・・・


原作を読んだ時ほどのワクワク感は、無いけど
なかなか丁寧に作られてるなぁって改めて思った。。


スポンサーサイト
page top
GOEMON
試写会で『GOEMON』鑑賞。

紀里谷和明作品を観たのは、はじめて。
デジタル技術を極限まで駆使ってのが、うなづける。
どんだけお金と時間を費やしたのだろう?って思う。

色と光の使い方が美しい。
メイクやコスチュームやお城などもそれぞれが匠の技って感じで。。

ストーリーは、えぇーーーヘ(゚∀゚*)ノとか
そりゃ、ないでしょーー((+_+))とか
びっくりなおはなしになってるけど、そこもオモシロイ。

江口、かっこいいし~~!
要の悪役もよかった~~!


あらすじ: 織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見つけるが……。(シネマトゥデイ)
page top
重力ピエロ
監督のテーチイン付きっつー試写会は、はじめてだったので
すごーく楽しみだった。

京橋駅から歩いて3分くらいのビルだったのに、見落として通り過ぎて、
戻って着いたら、今度は、扉が開かないっっ!!!!

しばし、格闘してたら、押すんじゃなくて引く扉だった・・・(-_-)
バカすぎる。。入る前から疲れた・・・_| ̄|○


40人くらいの試写会で、スクリーンがすごくちっちゃかったけど
隣でひそひそ話しするバカップルもいないし
ポップコーンをひたすら食べ続けるような人もいないので
快適に観られた。

前回、中野でホルモーを見たときに隣に座った若い女性が
すごく落ち着きのない人で、映画に集中できなくて・・・ヾ(*`Д´*)ノ"

いろんな人がいるからしょうがないね。




あ、映画は、、、
きれいにつくってあった。

原作は、結構前に読んでいて、すごく惹きこまれた作品だったので
どんなふうになるのかな?と思っていたけれど・・・

会場でいただいたチラシと一緒に伊坂氏のコメントがあって
よくできたと絶賛していたので、はじまる前から、期待が膨らんだ。


「春が二階から落ちてきた。」
からはじまる冒頭の桜が舞い落ちるシーンがとても綺麗だった。

途中で雪が舞うシーンもあったけれど、どちらも綺麗。


小日向さんは、好きだけど、回想シーンで30代に見せるのは、やっぱりキビシイなとか。
京香さんもちょっと20代には、見えなかったし・・・

原作の設定とは、結構違うところ多くて
泉水が大学院生だったり、
病院でのやりとりとかがほとんどなかったり
両親の出会いのストーリーなんかもあって
映画は、映像として、魅せなくちゃならないって
監督の話を聞いて、深く納得。
尺のモンダイとかね。



葛城(渡部篤郎)の話を聞いているうちに
沸々してくる黒いものが泉水と同化したように沸いてきた。

考えてはいけないと、頭では、わかっていても
どうにもならない感情。。



やさしい光の射しこむ部屋で
笑顔の母の写真と並んだ父の写真は
天国でまた会えた幸せな夫婦の画になっていたなぁ



重力ピエロ
あらすじ: 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが……。(シネマトゥデイ)


page top
フロスト&ニクソン
あんまり、普段観ないタイプの映画だったけど
途中からどんどん惹きこまれた。

はじめの方は、睡魔との戦いで・・・(^^ゞ

フロスト役のつくり笑顔がすごーく苦手つーのもありだけど。。


紐なしのイタリアの靴が、女っぽいって感想が、へえ~って感じ。

本気で闘ったあとに芽生える友情(芽生えたのか?)ってのは、
やっぱ、いいもんだよね~とか。。



page top
“NO MORE WAR!MORE BOOKS!爆弾よりも本を!”
2009.04.05
2009_0404ShowBoat0071.jpg
桜もほぼ満開の春うららな日曜日、
北朝鮮からミサイルが発射されたというニュースがあったけれど・・・

表参道を歩いている人たちを見ていると
日本は、とても恵まれた平和な国だなぁと思う。


******

“NO MORE WAR!MORE BOOKS!爆弾よりも本を!”キャンペーン記念
『子供の情景』試写会@原宿COPON NORP

監督のハナ・マフマルバフは、20歳の女性だそうだ。

出演してるのは、すべて現地の素人。ほとんどが子どもだけれど。

そういえば
昔観た『おばあちゃんの家』の主役のおばあちゃんも現地調達のおばあちゃんだったなぁと
思いつつ・・・
岩波ホールで単館上映の映画だったっけ。

********

主人公は、6歳の少女・バクタイ。

前半は、『友だちのうちはどこ?』(アッバス・キアロスタミ監督)を思い出した。
イランの子どもは、よく歩くなぁ・・・と。
そして、大人は、親切なようで、思いやりに欠ける
きっと、大阪のおばちゃんなら、もっと親身になってくれるだろうとかね・・・

バクタイは、灰色の崖道をひとりで歩く。
おかあさんを探しに
それから、卵を売りに
何度も往復する。
こわいよーと言いながら・・・


男の子たちの『戦争ごっこ』やら『処刑ごっこ』やらの映像は
とても遊びとは思えないくらい
あまりに理不尽で恐ろしい光景だった。


どうして?という言葉が頭の中でぐるぐるする。



どうして、そんなことをするの?


少年たちの灰色の服の色と
少女たちのカラフルな服の色が対象的だ。



理不尽な少年たちの処刑ごっこが続く中
ラストシーンのアッバスがバクタイへ叫んだ言葉が、哀しく響いた。





子供の情景
kodomo.jpg


2009年4月18日より岩波ホールほか全国にて順次公開


破壊された石仏がその痕跡を残すアフガニスタンのバーミヤン。学校に通いたい6歳の少女・バクタイ(ニクバクト・ノルーズ)は、ノートを買うお金を手に入れるために、卵を売りに街へ出る。苦労の末にやっとノートを手に入れたバクタイだったが、石仏の前で少年たちに取り囲まれる。少年たちは一種のゲームとしてバクタイを詰問し、タリバンを模倣した方法でバクタイを処罰しようとする…。19歳のハナ・マフマルバフ監督が、タリバンに破壊されたアフガニスタン・バーミヤンの磨崖仏をモチーフに、そこに住む子供たちの現実を描いた長編劇映画第一作。第21回東京国際女性映画祭出品作品。【cinemacafe.net】


>>>>>>>>右側にあるキャンペーンバナーをクリックしてください。→
1クリックを本1冊分(2米ドル)とカウントし、
子供たちのための国際NGO団体「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」へ寄付が行われるそうです



page top
八かく庵
とうふ料理 八かく庵@柏高島屋ステーションモール店

同級生仲間でランチ。

予約の電話の対応も感じよかったし(^^♪

京楽膳
特選ランチメニュー~デザート付 1980円
※クーポン使用で200円OFF(^^♪

2009_0404ShowBoat0072.jpg
食前酒ならぬ食前豆乳?とお菓子。

2009_0404ShowBoat0073.jpg
できたておぼろ豆腐(お替りできます♪)

2009_0404ShowBoat0075.jpg
・生麩と豆富の田楽

2009_0404ShowBoat0078.jpg
・鯛と豆富のふき味噌焼き

2009_0404ShowBoat0077.jpg
2009_0404ShowBoat0076.jpg
・柚子豆富 京のおばんざい二種
・豆富と揚げ湯葉のサラダ
・豆富の茶碗蒸し生麩の佃煮のせ
・ご飯 お漬物 豆富とお揚げの味噌汁

2009_0404ShowBoat0079.jpg
・甘味(豆乳ソフト)
・黒豆入りコーヒー

店内は、窓が大きく明るいし、上品な雰囲気。
お豆腐づくしでヘルシーなランチ。

たまには、いいね~


で、そのあとは、昼カラオケに行ったアタシタチでした(*^^)v




page top
蜉蝣峠@赤坂ACTシアター
劇団☆新感線のお芝居・・・じゃなくて歌舞伎?

2009_0404ShowBoat0044_20090406151326.jpg
いのうえ歌舞伎☆懐(PUNK)
蜉蝣峠 @赤坂ACTシアター



赤坂SAKASの周辺の桜は、満開で
2009_0404ShowBoat0059_20090406151326.jpg



JAVA TEAトレインは、ちょうど終了して、倉庫に帰る(?)とこだった・・・
2009_0404ShowBoat0061_20090406151326.jpg
正面から撮れず・・・(;_;
2009_0404ShowBoat0063_20090406151326.jpg


蜉蝣峠は
前半、え?こんなのでいいの?みたいな
小・中学生の男の子が喜びそうなネタ(?)で
宮藤官九郎っぽいつーか・・・


堤さんの出方に驚いた~~
はじめ、誰だかわからなかったくらいで・・・(^^ゞ

少し段がついたところから、飛び降りるたびに
ヨロってなるのが、おかしくて・・・
あの足じゃ、しかたないよなぁ~とか思ったり・・・( ̄m ̄* )

古田新太さんと橋本じゅんさんが唄うところがあるんですが
二人ともめちゃくちゃ歌巧くて・・・

なんだよ~ずるいよぉ~なんて、思っちゃったり(なんだ、それ?

高岡早紀ちゃんは、すごく声がよく出てて
なかなかいい女優さんだなぁ~と改めて感心したり・・・

後半、どんどん惹きこまれていく感じで
3時間ちょいの時間が、とても短く感じた。

また、行きたいけど
なかなかチケットとるのが、タイヘンなんだよなぁ、、((+_+))



page top
刺繍すとらっぷ~
20090331_602609_20090402120518.jpg

はなの写真をメールで送って、つくっていただきました!(^^)!
わんちゃんは、ともだちのうちのこのてつくん

おともだちのおともだちが作っています~!(^^)!

NET SHOPもOPENするらしい~♪
© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。