猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
目黒川沿いの猫
ヨーガのレッスンに行く途中の道

目黒川の両脇は、桜並木なんだよね。。
春になったら、また、来なくちゃね。。



猫好きのおじさんが、またたびをあげてて
すっかりごきげんの猫さん。モデルポーズ?
20061016170541.jpg


こっちの黒猫さんは、呼びかけても完全無視。。
携帯カメラを向けたら、うまい具合にこっちを向いてくれた瞬間。
kuroneko.jpg

ちょっと、顔、こわいww
また、いつか会えるかな?
スポンサーサイト
page top
どんな事があっても守ってあげるのよ
『涙そうそう』観た。
(注・ネタバレあり!)

ちょっと沖縄行きたい気分だったので、フラガールじゃなくて、こっち観た。
市場とか花とか、台風シーンは、めちゃこわかったけど
沖縄の光と風、感じたよ。



「カオルはひとりぼっち、どんな事があっても守ってあげるのよ」

小学生の男の子にこんな遺言を残す母親って、ひどくない?
だって、カオルは、本当の妹じゃないんだよ。
でも、兄ニィは、ほんとにほんとに妹を守るんだ。
どんな時も、自分の幸せなんて考えないで、、
なんくるないさ~なんて感じで。。


子役の広田亮平くん(洋太郎幼少役)と
佐々木麻緒ちゃん(カオル幼少役)が
めっちゃいいのよ。

亮平くんは、いつも淡々とした役が多いかもね。
麻緒ちゃんは『ほたるの墓』でも、
バツグンの演技をみせてくれてましたよね。


泣きたい時は、鼻つまむと涙が止まるって、お母さんが教えるの。
だから、洋太郎もカオルも泣きそうになると、鼻をつまんで我慢するのよ・・・


大好きな兄ニィがいなくなって、海岸で鼻つまんで涙をこらえてるカオルに
オバァが言うの・・・

「泣きたいときは、我慢しないで、思いっきり泣けばいいさー」


そうそう、すごく気になった金城昭嘉役の中村達也さんは、
1990年に結成されたBLANKEY JET CITYのドラマーだった人なんだよね~~♪
どうりでドキドキしたわけだ、、好きだったからさ・・・
ってすっかり忘れてたんだけどね^^;


⇒『涙そうそう』公式サイト*


「涙(なだ)そうそう」
沖縄の方言で、「涙がとめどなく流れる、ポロポロ止まらない」という意味。


泣くだけ泣いたら、もう一度明日に向かって歩き出そう・・・。



******
ストーリー、もっと知りたい方は、続きをどうぞ~♪


© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。