猫と映画と美味しいもの。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
暑い日だった。。
20060628204039.jpg

はなに出会ってから、1年経った。

ちょうど1年前の今日、酒屋がお休みで、はじめて家に連れてきて、シャンプーしたんだった。
去年も暑い日だったんだな・・・

酒屋に迷い込む前は、一体どんな生活をしてたんだろ?
よく、そんなことを考えるけれど、はなが答えるはずも無く・・・永遠に不明だ。
20060628203923.jpg

はなは、カリカリ以外のものを口にしない。
一年前、一度だけ、ペコちゃんのほっぺを食べようとしたら飛んできて
ほんのひとかけら食べたことがあるのだけれど、、
今は、見向きもしないし。。

美味しいものを食べるのがとっても好きなあたしには、考えられないけどねぇ^^;

健康のためには、いいのかな?
hanachan.jpg



いつのまにか、すっかりうちの子になってしまってるけど・・・

⇒1年前のはなちゃん
スポンサーサイト
page top
やっと、観たよ~『嫌われ松子の一生』
なんだか、いろんな感情がごちゃまぜな具沢山スープってかんじで
濃い~~映画観ちゃったなって思った^^;

cast01.jpg

ストーリー: 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、
お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。
しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、
家を飛び出して風俗嬢になってしまう。
その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、
壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになる……。   (FLiX)


中谷美紀ちゃんが撮影中に「もうわたしには、できません」と言ったくらい
厳しい監督だったというので
どんな作品に仕上がっているんだろうと思っていたのよ。

でも、サイトのコラムには
「私は松子を演じるために、女優という仕事を続けてきたのかもしれません」
って言ってる・・・

うん、確かにスゴイ・・・美紀ちゃん、カラダ張ってるわ~ってかんじ。
でも、ほんと、美しいわ、美紀ちゃん。。

page top
気になる・・・
押入れのふすまが少しだけ開いてると・・・
20060625211131.jpg

にゃんだ・・・

20060625211204.jpg

気になる・・・

20060625211231.jpg

入りたいのに・・・

20060625211254.jpg

あ、見てたにゃ~



それにしても、はなちゃんたら
最近、ちょっと太ってきたかしら?

やっぱ、運動不足?



飼い主と同じだ・・・^^;
page top
よく行くイタリアン、、、
月に1~2回はランチに行く
トラットリア パパミラノ

今週のパスタランチのメニューは

牛すじの赤ワイン煮とそら豆のパスタ
サラダとパン&ドリンク付で1000円也~♪

20060623132538.jpg

美味しそうに見えるかしらぁ~?

ここ、パスタはアルデンテ・・・ちょい硬すぎな気もするが・・・
なのに
そら豆ゆですぎだよぉ~(ーー;)
牛すじもまったりしすぎ・・・ちょっとセレクトミスだったかも、、、

☆ひとつ・・・かしら?

page top
サボテンの花
ベランダで母が育てているサボテン・・・父が買ったものだけど、、、

毎年、2つか3つ花を咲かせていた。

でも、

今年は

こんなにいっぱい。。
20060621222153.jpg


20060621222206.jpg

やったね、母。


おまけ
20060621222217.jpg



popikoさんちのサボテンの花
page top
さわやか先生、また会いましょう(^^)/~~~
村上整骨院の先生の送別会・・・また、参加しちゃったわたくし。
だって、さわやか先生のファンなので(笑)

一次会は
ジンギスカンヤマダモンゴル

我が家では、子供の頃からジンギスカンを食べていたので、わたしは大好き!
父のつくるタレは、最高でした!(^^)!  もう、食べられないけど・・・o(TヘTo)

最近は、生ラムなので、更に美味しいです。

ヤマダモンゴルは、30人くらいで貸切でした。

送別会・・・
あたしもずいぶん会社を転々としたけれど
ちゃんと送別会なんてしてもらったことなかったから
とってもうらやましいって思っちゃったわ。
前回の掛ちゃん先生の時もだけど、ね。

若いスタッフばっかの職場は、アットホームでいいなあ~なんて

今回の贈り物は、

マラソンランナーの衣装

毎回、恒例のようですね(笑)

途中で着替えて、登場~!

なんか、すっごい似合ってて笑えた。
短パンから出た脚の筋肉がカモシカのようで
(そんなとこチェックしてるあたしって・・・恥)

20060620160147.jpg

マラソン選手の姿であいさつするさわやか先生 ε=(>ε<)!ププッ



二次会は、カラオケ♪
もちろん、朝まで。(あたしも好きよね、カラオケ)

今回は、前回聴きそこなった掛ちゃん先生のスバラシイ歌も
さわやか先生のミスチルも十分堪能させていただきました。ありがと!!
(送別会って趣旨、忘れてないか、あたし?)

お別れは、淋しいけれど、笑ってさよなら&また会いましょう~(^^)/~~~

さわやか先生、あなたは、決して、孤独なんかじゃないからねっ!



page top
無防備・・・
nyan.jpg

こんな格好で寝てます・・・

でも、シャッターの音には、敏感^^;


ara.jpg

また、へんなとこ撮ったでしょ?
page top
oriental table AMA
ランチにカレー屋ってのは、わりと多いかも。

代々木駅前には、お気入りのカレー屋さんが2軒ある。
どちらも階段で3階までのぼらなくちゃならないんだけどね・・・

ama-cu.jpg

3種カレーのランチ ナンorご飯 ドリンク付 850円



oriental table AMA
ama.jpg

○住   所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-32-12 パリスビル3F
○T E L 03-3374-3599


***代々木でカレー
今日はインドへ【アヒリア】




page top
季菜 CHINA 四合院
恵比寿で映画を観た時のランチです。


黒豚の肉団子と蒸し餃子の定食。美味しかった!(^^)!

4人掛けのテーブルが3つの半個室みたいなところに通されたんだけど
はじめ、エアコンが効いてなくて汗だくに・・・
冷たいお水を頼んだら、エアコンも効いてきて、涼しくなりました。

夜は、ちょっと高そうな感じだったけど、、、


季菜 CHINA 四合院

所在地  〒150-6090
     東京都渋谷区恵比寿4-20
     恵比寿ガーデンプレイス GLASS SQUARE B1
     TEL.03-5421-3131 FAX.03-5421-3132

営業時間 昼 月~金11:30~15:00(ラストオーダー 14:30)
       土・日・祝 11:30~16:30
     夜 月~金 17:30~23:30(ラストオーダー 22:30)
       土・日・祝 17:30~23:00(ラストオーダー 22:00)

定休日  年中無休

page top
すぐに・・・
あたしが、ちょっと脱いだセーターなんかをソファに置くと
すかさず上で寝ている・・・
hana66.jpg



でも、
かわいいから
そのままにしちゃうあたしって・・・^^;
page top
《試写会》ジャスミンの花開く
ジャスミンの花開く《茉莉花開》の試写会に行ってきました。


チャン・ツィイーのためにつくったような映画。という印象しかないです^^;
茉・莉・という3人の女性の生き様を
チャン・ツィイーが演じ分けるという意図らしいのですが、
なんだか、もう、チャン・ツィイーでお腹いっぱい。。みたいな・・・
17~18歳くらいなのかなという設定で演じている場面もあり、
さすがにちょっとキビシイんじゃないかと思ったり・・・可愛かったですけどね。

中国の時代背景とか把握していないと、ちょっとわかりにくいかもしれません。

ラストの方でが大雨の中、路上で誰にも介助されず出産するシーンは、壮絶。
出産経験のないわたしも思わず全身に力が入っちゃいました(笑)
いやあ、女優さんもたいへんだ~なんて思いながら・・・

チャン・ツィイー大好きな方は、是非ご覧になってください。

ストーリー: 1930年代の上海で、茉(チャン・ツィイー)は母(ジョアン・チェン)の反対を押し切り女優への道を歩み始めるが、これからという時に妊娠してしまう。同じ頃日本軍が中国に侵攻し、失意の中茉は娘の莉(チャン・ツィイー)を生む。1950年代、莉は労働者階級の偉(ルー・イー)と結婚するが不妊症だとわかり、養女として(チャン・ツィイー)を貰い受けるのだが……。   (FLiX)

⇒公式サイト
page top
やっぱり 『ダ・ヴィンチ・コード』 観ちゃった
コレだけ話題になっているのだから、やっぱり観ちゃうよね(^^)

地元の映画館のレイトショー、普段はガラガラなのに
さすがに混んでいた。ほぼ満席。。それだけでも、すごいよ(笑)

感想としては・・・
あたし的には、とてもおもしろかったです。
面白いじゃなくて興味深いという意味でね。

ルーブル美術館での撮影というのも、楽しみだったし、
まあ、展示絵画は、さら~っとしか映ってないけどね。

評判の良くないトム・ハンクスの髪型も別に気にならなかったけど
ジャン・レノの刑事がなんか気になった。どうしてもレオンのイメージが・・・
ってか、レオン以外の役って、いつも変な役な気がするんですけど、、、

オドレイ・トトゥは、アメリの時とは、印象が違ったので、よかった。
ロード・オブ・ザ・リングの白い魔術師=イアン・マッケランも肝だよ。

映画公開初日にTVのスペシャル番組を観ていたので理解しやすかったのかもしれない。
全く知らなかった^^;マグダラのマリアシオン修道会モナリザの微笑みの謎
さらに最後の晩餐に隠された暗号とか特集していたからね。
このへんがわかってないと、チンプンカンプンかもしれないです。

原作を読んでる人たちは、ちょっと物足りないという感想みたいですけどね。

あたしは、これから、お借りした原作を読むつもり・・・
読み終わったら、感想がかわるかもね(^^)

ストーリー: ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。  (FLiX)

322729view001.jpg

⇒公式サイト(*みるのに時間かかるよ)
page top
「間宮兄弟」観たよ
『かもめ食堂』を観にいったときに予告を見て、
「あ、これ絶対観たい!」と思っていたの(笑)

佐々木蔵之介さん、最近、売れっ子ですよね~
今は、ドラマ『医龍』に出演中です。

ドランクの塚っちゃん、個人的に、すごくいいと思うのです。
あ、あの演技ですけどね(笑)上手いと思うんですよ、この人。
お笑いにしとくのは、もったいないんじゃないかと・・・

で、このふたりが兄弟で、
30歳すぎてて独身で、ふたりで住んでて、ものすごく仲がいいのです。
布団を並べて寝ていて、寝る前に一日の反省とかしちゃうんです。

しかもお母さんが、ぶっ飛びです!中島みゆきさんですよっ!
若いよ・・・(最近、ビールのCMとかにも出てましたね)おもしろいし。

塚っちゃんが働いている小学校の先生・葛原依子(クズハラヨリコ)常盤孝子さん、いい味出してます。なぜかいつもフルネームで呼ばれてるんです。
沢尻エリカちゃんと北川景子ちゃんの姉妹もかわいいし・・・

ほのぼの~っとした映画です。

間宮兄弟が友達だったらいいなって思います。
カレーパーティやゆかたパーティによんで欲しいですよ。

いいな~同性の兄弟って思います。

うちは、弟だからね^^;


ストーリー: ビール会社の商品開発研究員の兄・間宮明信(佐々木蔵之介)と小学校校務員の弟・間宮徹信(塚地武雅)は、30歳を過ぎても仲良く同居生活を送っていた。兄弟は女性から恋愛の対象として見られることはなく、ありふれた日常にささやかな歓びを見つけ楽しく暮らしている。しかし、そんな彼らにもいよいよ恋の予感が訪れ……。
(FLiX)

mamiya.jpg

『間宮兄弟』公式サイト
page top
DAISY(デイジー)観たよ
久しぶりに映画館で映画~♪

ダヴィンチ・コードもまだ観てないのに、観たのは『DAISY』
だって、チョン・ウソンだもの!!

『私の頭の中の消しゴム』から彼のファンになり『トンケの青い空』を観て
この作品で3作目。
今回の彼は、プロの殺し屋パクウィよ!

彼って、時々、「本当にこの人やばいんじゃない?」って顔するのよ。
笑顔がぎこちないし・・・ま、これも演技なんだろうけど・・・

ヒロインは、画学生のヘヨン・・・チョン・ヒジョン
『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』が代表作みたいだけど、どちらも観てない^_^;
ドラマ『HAPPY TOGETHER』でイ・ビョンホンの白血病?の妹役って印象。。

ストーリーとか全くチェックしてなくて、舞台がオランダだって知らないで観たので、はじまって
「韓国って、こんなオシャレな場所もあるんだ~?」
なんて思っちゃった。ちょっとしたら、アムステルダムってわかるけどね^^;

ヘヨンは、おじいちゃんの骨董品屋の手伝いをしてるんだけど、このお店も素敵。
日本の骨董品屋を思い浮かべちゃだめよww

デイジーの花言葉は、『心に秘めた愛』

ヘヨンを遠くから見守るパクウィ
(これってストーカーじゃん?って突っ込みたくなるけど・・・素直な気持ちで観てね・笑)
切ないです・・・ほんとに・・・無償の愛っていうのかな?

刑事のジョンウ(イ・ソンジェ)も素敵です。観てるうちにだんだん素敵に見えてきたりして・・・

ジョンウとパクウィの関係も泣かせます。。(泣かなかったけど)

ラストのほうでパクウィが涙するシーンがあるんだけど、同時にウルッとしちゃいました。
あたしが泣けたのは、ここだけ(;_;)

韓流ブーム(もう終わったのか?)の影響なのか、
韓国映画=おばさまが観るモノって思われちゃうかもしれないけど
(まあ、あたしもおばさんですが・・・ーー;)
もっと、若い女性や男性にも観てもらいたいなあって思うわ・・・

それぞれの回想シーンでは、いろいろ種明かし的なこともあります。
映像もきれいだし、カメラワークも凝ってるし・・・

韓国映画、いいよ~~!!

解説: 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだ宿命の愛の物語。敵対する2人の男に愛されるヒロイン役に『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン、相手役には『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと、『氷雨』のイ・ソンジェがふんし、どうにもならない運命に流される男女の悲哀をつづる。韓国のカリスマスターが一同に会し、華麗なアクションと情感あふれる人間ドラマで魅せる感涙作。

ストーリー: アムステルダムで暮らすヘヨン(チョン・ジヒョン)の元に、毎日見知らぬ人からデイジーの花が届く。ある日街頭で似顔絵を描く彼女の前にジョンウ(イ・ソンジェ)が現れ、彼女は彼こそが待ち焦がれた運命の相手だと確信する。だが、実は男は国際警察の捜査官で、彼の追う暗殺者(チョン・ウソン)こそが花の贈り主だった。(FLiX)

daisy.jpg

⇒『DAISY』公式HP
© いっしょにいれば・・・. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。